MENU

夜勤なしの求人

 看護師という仕事にはやりがいを感じるし、お給料も悪くないけど、夜勤がちょっと・・・。と言う看護師さん、多いんじゃないでしょうか?。

 

夜勤はお金になるし、若い頃は良かったけど、最近ちょっと辛い。
自分だけ時間が合わなくて遊びに行けない。
結婚するから、または子供が出来たから夜勤は減らしたい。
夜勤をするようになって体調が良くない。

 

 とか。その他、「結婚したいけど、忙しいし一般の人と時間が合わなくて、このままじゃあ全然出会いがない」と言う人、そして「結婚したけどシフトのせいですれ違いが多くて」と言う人も多いでしょう。

 

 夜勤を含むシフト勤務は、どうしても生活のリズムが乱れますし、「夜勤に従事する女性は生理不順になる確率が高く、流産のリスクも増加する」と言う研究報告もあるのです。

 

 しかし、なんとかしたい、と思っても現場は慢性的な人手不足で、夜勤を減らすどころでは無いような状態。

 

 こんな状態を変えるには、思い切って転職するしかありません。夜勤のない、日勤のみの職場で代表的なのは、入院設備がない病院や施設で、美容外科介護施設人工透析外来勤務など。最近では、美容外科や介護施設に特化した求人サイトもあります。

転職のコツ

転職する際、まず最初にすることは求人サイトへの登録です。それも一つではなく、複数のサイトに登録しましょう

 

何故なら、それぞれのサイトで得意分野などが違うからです。美容外科専門、介護施設専門、オールマイティで求人数が多い所、コンサルティングが強みの所etc。

 

よりよい求人情報を得るために、複数サイトで多くの情報を集めましょう。安易な妥協をすると、折角転職してもまたすぐに、と言う事になりかねません。

 

登録だけなら無料ですし、今すぐ転職する予定がなくてもOKです。

美容外科、介護施設の求人サイト

夜勤なし、がウリの美容外科や介護施設に特化した看護師求人サイトです。このジャンルは、日勤のみでも高給案件を探しやすいのも特徴です。

 

 

美容外科求人ガイド

美容外科求人ガイドは美容外科に特化した求人ガイドです。

夜勤なし、オシャレで綺麗な環境が魅力で転職希望者が増えています!。

 

美容外科医院の開業コンサルやプロモーションまで手伝いをしているため、人事担当者とのやり取りだけでなく、各医院の医院長とも仲が良く、通常の人材会社では持っていない情報まで持っているのがウリ。

介護施設求人ガイド

介護施設求人ガイドは、介護施設(有料老人ホーム、デイサービス等)に特化した看護師の人材紹介会社です。

 

大都市圏を中心に、専任のコンサルタントが求職者へのヒヤリングから求人検索紹介、面接対応まで一貫して行います。

 

日勤のみで30万円以上の高給案件も!

看護師求人サイト

美容整形外科や介護施設以外でも、人工透析や外来勤務など、夜勤なしの求人はあります。

 

 

看護プロ

関東・東海地方の方にお勧め。転職したら終わり、ではない、転職後のサポートも充実した看護師転職サービスです。「転職したけど話が違う」、と言うことにならないよう、「長く働ける場所を探す」事を大切にしています。

 

日勤常勤5万円、夜勤ありの常勤で10万円のお祝い金あり

ジョブデポ

日本全国8万件以上の求人件数を誇る、日本最大級の看護師専門の転職支援サービスです。給与や勤務時間など直接聞きにくいことはすべてジョブデポが交渉します。

 

ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント!。

夜勤の健康へ影響

 夜勤のあるシフト制の仕事は、どうしても生活のリズム、特に睡眠のリズムが不規則になります。この、不規則な睡眠は健康に大きな影響を与えます。
 

太りやすい


 睡眠のリズムが不規則になると、レプチンというホルモンの分泌が減少します。レプチンは脳に満腹感の信号を送ったり、血糖値の上昇をコントロール、脂肪の蓄積を抑える働きがあるため、これが減少することで太りやすくなってしまうのです。

 

 また、不規則な生活リズムはストレスとなるため、その解消のために甘い物を食べたくなるのも太る原因の1つです。
 

自律神経


 自律神経というのは、昼に交感神経が、夜に副交感神経が活発になります。しかし、夜勤のあるシフト勤務では、この働きが乱れてしまうのです。そのため、夜勤従事者は自律神経失調症になりやすい、と言われています。

 

 自律神経失調症になると、頭痛、不眠、めまい、冷え症、食欲不振、手足のしびれ等の症状が出ます。しかも、日によって違う症状が出る事が多いため、原因を特定できないことが少なくありません。

 

 夜勤をしながら、「なんとなく体がだるい」「なんとなく頭痛がする」「なんとなく調子が悪い」と感じたら、自律神経失調症かもしれません。
 

ガン


 夜勤従事者はガンになりやすい、と言う複数の研究結果があります。例えば、前立腺がんの場合夜勤従事者のリスクは日勤勤務者の3.5倍、乳がんは2.6倍との統計データがあります。国際がん研究機関(IRC)は、夜勤を含むシフトワークをがんの危険因子とみなしています。
 

流産


 夜勤に従事する女性は、日勤勤務者に比べて流産のリスクが高いと言われます。実際に日本医療労働組合連合会が行った「看護職員の労働実態調査」によると、看護師の流産率は11%程度で全体の平均より低いくらいでしたが、切迫流産率は約34%で、全体平均のほぼ倍であることがわかっています。
 

美容


 夜更かしはお肌の大敵。人間は睡眠中に成長ホルモンを分泌して、いたんだ細胞の修復などを行います。しかも、この成長ホルモン睡眠時間だけで無く、睡眠の質にも左右されるため、夜勤で睡眠のリズムが不規則になると分泌が減少。その結果、活動中に受けた肌のダメージを修復できず、肌荒れやニキビの原因になるのです。