MENU

 

夜勤中心にシフトを組まれ、遊び相手は同業者ばかり


 25歳の女性で看護師歴は4年です。若いと、どうしても夜勤を中心にシフトを組まれてしまいます。

 

 夜勤をしていて困っていること、たくさんあります。まず、普通に日中に働いている友達と休みが合わないことです。これから飲もう!と夕方に誘われても、これから仕事なの…と何度も断りました。断り過ぎて、最近では誘いの連絡すら来ません。

 

 遊び相手は同業者ばかりで、話す内容も看護業務の愚痴ばかりです。プライベートも仕事の話しばかりで休みなのに気持ちが休まらず、仕事に行きたくないなという気持ちが増すばかりです。
 

休みは自宅で


 私が勤めている病院は夜勤後の休みも公休扱いなので、夜勤を明けて「よし!休みだ!」となっても眠いので結局、貴重な休みを寝て過ごすということはしょっちゅうです。起きると真っ暗で、いったい何日の何時?寝過ごした?とプチパニックを起こすことが何度かあり、一度寝すぎて休日明けの日勤に遅刻したことがあります。

 

 体内時計が狂いまくります。昔は無理してでも夜勤明けに一睡もせずショッピングなどに行っていましたが、頭が働かないため余計なものを買ってしまったり、満腹中枢も狂ってしまいかなりの量の食事を摂ってしまったりめちゃくちゃでした。今はそんな元気もないので、自宅直行です。
 

看護師の恋愛事情の実態


 家と病院の往復で、私は何の為に生きて働いているのかと病院の窓から朝日を眺めては涙ぐんだこともありました。そんな生活なので彼氏も出来ません。先輩看護師たちも離婚する方が多く、看護師の恋愛事情の実態を目の当たりにしました。

 

 時々、合コンへ誘われ行くと看護師って給料いいんでしょ?と食いつかれるポイントは毎度一緒です。私という人間は見てもらえないです。なので、職業は?と聞かれると看護師ということを伏せたくなります。

 

 そして、夜勤を重ねていくと同時に容姿も老けていきます。肌は荒れ、生理不順になり、クマは出て、真顔が怖くなり…。まだ女を捨てたくないという思いもあります。そこでエステへ通ったり、夜勤では化粧をなるべくしたくないのでまつ毛エクステンションをしたりで、なんだかんだお金もたくさん使っています。意外と貯金が貯まりません。
 

夜勤を減らして欲しいと願い出ても


 以前に一度、師長に夜勤を減らして欲しいと願い出たことがありました。人手不足で大変な状況ということは重々承知の上で、勇気を出して話しました。最初はうんうん、そうだよねと、受け入れてくれている様子だったので言って良かった、これで少しは楽になると安堵しました。そして仕事終わりに、翌月のシフト表が出たので期待して目にすると…。全く夜勤の数は変わっていませんでした。自然と涙が出て、肩を落としながら職場を後にしました。