MENU

 32歳女性です。看護師になって10年目に入りました。

 

 看護師と言えば夜勤。夜勤をしなければ給料はぐっと少なくなってしまうので、夜勤はせざるを得ないでしょう。夜勤をしていると、必ず1つの病棟に1人は困った患者さんがいます。なかなか就寝してくれなかったり、騒ぎ出したり、暗がりで人を驚かそうとする人もいるくらいです。私の担当病棟は整形外科なのですが、入院している患者さんは、脚の骨の骨折や手術直後の重症な人もいれば、比較的軽症の人まで様々です。
 

看護師を口説く、困った患者


 最近一番困ったのは、夜勤中の看護師を口説いて回るおじいさんです。彼は、昼間はそれはもうおとなしく、気の優しいおじいさんなのですが、夜になると30歳ぐらい若返った気持ちになるようで、見回りの看護師を口説きまくります。「ちょっとおねーちゃん遊ぼうよ」みたいなノリでおじいさんに迫られても困りますよね。頻度が多すぎるのと、たまに卑猥な発言もしてくるので、早く退院してくれないかと看護師の間ではうんざりされていました。彼の入院は肩の手術のみで、2週間もすれば退院する予定だったのですが、家の都合がどうとかで退院が先延ばしにされていました。
 

自分も被害に


 そのうちついに自分が夜勤担当しなければならない日がやってきて、そのおじいさんの口説き被害に遭ったわけです。それこそ鳥肌もので、とにかく気持ちが悪い。私はもともとそういった患者さんの対応が苦手だったので、早く点検済ませて他の部屋を見回りしよう…そう思ってそそくさと退散しました。適当に「そうですね、もう少し自分に合った人に声をかけてはいかがですか?私では力不足です。」とか言っておきました。
 

まさかの再会


 そしてそのおじいさんは1か月ほど経って退院していきました。これで静かな夜勤ができる、そう思って同僚たちとすっかり安心しきっていたのです。ところが、退院した3日後くらいのとき、それは起こりました。私が休日で、1日ゆっくり買い物でもしようと思い、近くのスーパーに買い物に来ていたときです。なんとあの困ったおじいさんが目の前にいるではありませんか。
 うわーと思い、できるだけ関わらないようにしようと離れたところ、つかつかと歩いてきて話しかけられました。普段マスクもしてたし、髪型も違うのになんでわかるんだ?!と思い、スルーしようとしたのですが、「○○さんだよね?いやーやっぱりこのスーパーにくるんだ〜僕もよくここに来るよ〜」って。いやいや、気持ち悪すぎる。調べたの?頼むから近寄らないでほしい。

 

 この時は本当にぞっとしてしまって、すぐにスーパーを出ました。もうこのスーパーに来れないかもなー、安かったのに残念ですが、身の危険を感じたので、行きつけのスーパーを替えるしかなかったです。

 

関連ページ

看護師の恋愛事情の実態を目の当たりに
若いため夜勤中心にシフトを組まれ、病院と自宅を往復する毎日。彼氏も出来ず、先輩看護師たちも離婚する方が多い。看護師の恋愛事情の実態を目の当たりにしました。